日本語学校への就職について

日本語学校は基本的に外国人に対して日本語を教えることを目的とした学校ですが、そのなかには海外にあるもの、国内にあるものの両方が含まれます。

日本語学校の様々な情報を掲載しています。

また日本に出稼ぎや留学をする人のための民間の学校もあれば、すでに日本にやってきた人たちの定着を支えるための学校、大学の附属機関などの研究を前提としたレベルの高い内容を教授する学校など、タイプはさまざまといえます。
このような日本語学校の教職員として就職するための道のりですが、現在では資格の取得が条件となっているのが普通です。

なかでも日本語教育能力検定試験は、日本語の文法や発音などの知識、教授法についての知識、その他社会や制度についての知識を兼ね備えた人材であることを、この試験への合格をもって証明する上では都合のよいシステムといえます。大学にも日本語教育能力検定試験の合格と同等レベルの学習ができるカリキュラムを提供している学科があります。



この場合は少なくとも400時間以上の履修が必要とされていますので、大学選びの段階から将来を見据えた行動をすることがたいせつです。



日本語学校ではこのような試験の合格証書、または大学の学位記などの証拠書類を確認した上で、履歴書の提出と面接、ペーパー試験などを課して人材のスキルを見極め、採用するかどうかを決定します。その際に注意しなければならないのは、国語の教員免許は根本的に外国語としての日本語を教える日本語教師の知識能力の証明とはならないという点です。